日経225先物取引入門で抑えるべきポイント

今投資家の中でも話題になっているのが、先物取引です。
先物取引と言われても意味が分からないという方も多いでしょう。
分かりやすく説明すれば、ある商品を一定の価格で、将来の一定の期日に取引する約束のことです。

例えば資金が必要なのでバッグを来年売りたいAさんと、そのバッグが欲しいBさんがいるとします。
その二人の間で約束が交わされました。

Aさん「このバッグを来年の1月に30万円で買います」
Bさん「このバッグを来年の1月に30万円で売ります」

これに名前をつければ、先物取引なのです。

その先物取引の中でも人気なのが日経225先物取引です。
この人気が上がった理由の1つには、少ない資金で取引ができる「日経225mini」の登場があります。
これがあるからこそ、先物取引の入門編として日経225が挙げられるようになったのかもしれません。

先物取引入門として、押さえておくべきポイントがいくつかあります。
まず何よりも最初に先物口座を開設することです。
これがないと、いくら先物取引を勉強し、今だ!と思っても投資することもできません。

先物取引をするためには、証券会社で口座を開設する必要があります。
この時、口座管理料が無料の所を選ぶことです。
投資をする、と決めたのだからただ開設してほったらかし、ということはないと思いますが、使わない口座の管理料を取られるというのは何となくモヤモヤしますよね。
無料であれば、投資入門を学ぶことと並行して、安心して口座開設をすることができます。

次に、投資する金額はここまで、ということを確実に決めることです。
これをリスク管理と言います。
先物取引はレバレッジをかけて、実際にある金額よりも大きな取引をすることができます。
そのため、大きく儲けたいとフルに資金を活用してしまいたいと思ってしまいがち。
しかし、投資にはリスクがつきもの。
もし損失が出たとしても、いきなり生活苦になってしまうような状態にならないよう、余裕を持って冷静に取引できる状態をキープしましょう。
まずはこの2つを押さえて、日経225先物取引に向き合うことが大切です。

No Comments

日経225の先行きと景気の予測を真剣に考える

日経225という言葉を耳にすることがあります。
そして日経平均株価、という言葉を聞きます。
実はこれ、全く同じなのです。
この数字は、225社の意となります。
この会社の内訳はその時々によって変わっていくため、常に安定したものになるとは限りません。
しかしながら、この日経225に反映されるのは、日本の大手と言われる会社です。
ですから、日経平均というのは、日本の大企業の先行き、将来の業績を予想したもの、と言っても間違いないでしょう。

一昔前ならば、この日経225によって日本の景気が判断されていました。
しかし、この企業の入れ替わりを行うことにより、今はそうとも言えなくなっているようです。
それでも日経平均が高ければ、先行き景気が良くなるだろう、という判断がなされているということになります。

しかし、先行きと言われるように、今すぐ景気が上がる、というのではなく、半年から1年先の景気を予想しているにすぎません。
ということは、投資に関しては短期決戦のものではなく、中長期的に運用していけるものを取り扱っていくと安定した利益を得ることができるでしょう。

そこで注目したいのが、比較的手ごろな価格ですぐに始められる先物取引です。日経225には、日経225ミニ、というものがあります。こちらは通常の日経225先物取引の10分の1の投資資金で始めることができるのです。少ない資金でスタートできて利益が狙えますし、深夜の3時までは取引ができるので、サラリーマンの方などでもリアルタイムの取引をすることができるので、とても人気が高くなっています。

ちなみに、日経平均の長期展望として2015年に出された内容は、2016年は日経平均は2万2000円を超えると予想されていました。欧米株が堅調であったらしいのですが、この時点ではさすがに現在のEUからの英離脱問題は想定されていなかったでしょうから、この展望は今ではすっかり変わってしまっていると考えられます。取引をするなら、日々のニュースにも目を光らせていくことが大切になります。

No Comments

比較チャートの破壊力

投資に臨む際、何と言っても忘れてはいけないのは、チャートの比較です。比較と言えば、過去の数値と比較して、いま、どうなのか…。日経225の平均株価が、上がっているか、下がっているか、という単線的な見方に使ってしまうことも多いのですが、タテの時間軸の比較ではなく、さまざまな指標ごとのヨコの比較、銘柄ごと、商品ごとの比較という観点から、チャートを見てみると、違う風景が見えて来るように思います。

具体的に、異なる銘柄のチャートを比較するため、銘柄を入力してみると、比較チャートが自動で出て来るような簡易な無料ソフトもあります。本格的なところでは、30−40種類ものさまざまなテクニカル分析を加えた、ウルトラチャートも出回っています。

これら、ソフトを使ったチャート比較により、材料としては、まさにプロ並の環境を整えることになりますが、単にチャートを並べてみるだけではなくて、それらがどう変動しうるのかの、シミュレーションを入力できるところに、ソフトの本領があるように思います。

やはり、単線的に、自分が投資しようと思っている銘柄が、「良いのか」「悪い状況にあるのか」を判断してしまうのではなく、他との比較、ヨコの比較を通じて、投資に根拠を持たせるようにしましょう。

No Comments

マーケット情報ー先物チャート

先物取り引きというと、皆さんは、どういった商品の取引をイメージされているでしょうか。一般的な経済指標に加えて金、銀、白金、原油、ガソリン、灯油、とうもろこし、一般大豆、小豆、コメ、ゴムなど、さまざまです。しかもこれが、東京、大阪、さらには海外のものと細かく分類され、数値化されています。

これを具体的にチャートという形にしたものが、証券会社のホームページ、あるいは取引ツールの上で見ることが出来ます。
これらの値動きを見ているだけで壮観なものですが、実は、このチャートを漠然と眺めているだけでは、なかなか取引に移れない部分もあります。

これに対して、さまざまな証券会社で出しているのが、チャート分析のソフトです。このソフトの比較機能を使うことによって、ようやく自分が知りたいと思っている銘柄の値動き、その背景にある指数の変化を、総合的に掴むことが出来ます。

ひたすらテクニカル数が多く、機能が多いものもありますが、むしろ、直感的で、操作、判断を下し易いソフトの方が、好まれている傾向もあるようです。さまざまなサイトでは、このチャートソフトの比較をしているところもありますので、事前に比較・判断の上で、利用したほうが良いでしょう。

No Comments

過去のデータを比較するテクニカル分析のデメリット

FXについて調べていると、必ずと言っても良いほど“テクニカル”という単語が出てきます。単純にテクニカルとは「技術的」、「技巧的」という意味合いを持っており、FXではテクニカル分析のことを指しています。テクニカル分析とはチャートを元に、現在の相場のトレンド傾向や強さ、値頃感・相場の変動幅つまりどういった場面で売られすぎて買われすぎるのか、上昇や下降時の転換点などを知ることができます。FXを行う上でテクニカル分析は必ず身につけておきたい手法と言って良いでしょう。

しかしテクニカル分析にもまた、デメリットはあるものです。実際にテクニカル分析を取り入れて取引しているトレーダーは多いですが、100%当たるというわけではないので、時には予想とは全く逆の動きをすることもあります。そうなった場合、証拠金やレバレッジにもよりますが大損をしてしまうこともあるので、決して鵜呑みにしてはいけません。また過去のデータを比較し、起こったことがない異常相場が起きた場合、チャートは全く参考にならずテクニカル分析も見当違いになります。

トレーダーによってテクニカル分析のやり方は異なりますが、100%的中するテクニカル分析は存在しないと言われています。その為、過去のデータを比較しパターンを意識しすぎて逆に判断しにくくしているのでは?という意見もあります。しかしテクニカル分析はデメリットだけじゃないからこそ、多くのトレーダーに選ばれているというのもまた事実です。

No Comments

CFDと先物の取引時間を比較!デメリットはどっち?

商品先物取引を検討中の方は日経225先物を選びがちですが、CFDもいろいろとメリットがありオススメです。
225先物.net
日経225先物もCFDも、現物を持たず売買価格の差で利益を出すので似ていると感じる方も多いでしょう。しかしこの2つにはそれぞれ異なる点があるので、比較してしっかりと見極めるようにしてください。

日経225先物とCFDの違いのひとつとして、取引時間の長さがあります。日経225先物の取引時間は前場が9時から11時、後場が12時30分から15時10分、そしてイブニング・セッションとして16時から20時となっています。しかしCFDは業者によって多少の違いはあるものの基本的には9時から11時、12時30分から13時10分、そして17時から翌朝の6時15分まで取引可能となります。比較すると明らかにCFDのほうが取引時間は長く、日経225先物にとっては大きなデメリットとなっています。

夕方からの取引時間が長ければ、日中働いているサラリーマンやOLは時間を気にせずに売買取引ができます。また、日本の市場取引が終了した後でも、海外市場で大きく相場が変動した時にはリアルタイムで対応することができるので利便性は高いです。

No Comments

FXでドルインデックスは重要!トルコリラと比較しよう

経済成長が著しい国のひとつにトルコ共和国が挙げられます。そんなトルコの政策金利はオーストラリアや南アフリカ、それにニュージーランドよりも高く、2015年2月の段階ではなんと7.5%となっています。ちなみに日本の政策金利は0.1%なので、比較するとその差7.4%と驚異的です。トルコの通貨であるトルコリラは、FXを行っているトレーダーたちにとって魅力的な存在となっているのは言うまでもありません。

米ドルの総合的な価値を表す指標にドルインデックスがあります。そもそもFXの取引はドルが中心で行われていますよね。もしトルコリラで取引をしていたとしてもドルインデックスの動きには目を向け、市場の流れを把握できるように体制を整えておくべきです。

FXと言えばスワップポイントも魅力のひとつとなっていますが、そんな時も高金利通貨のトルコリラはオススメです。例えば低金利通貨の日本円を売って、トルコリラを購入すればその差額分が利益として受け取ることができます。数十倍レバレッジのように高リターンは期待できませんが、毎日続ければそれなりの額になるのは間違いないでしょう。他にも他国の通貨はたくさん取り使われているので、比較しながら検討してみてください。

No Comments