FXについて調べていると、必ずと言っても良いほど“テクニカル”という単語が出てきます。単純にテクニカルとは「技術的」、「技巧的」という意味合いを持っており、FXではテクニカル分析のことを指しています。テクニカル分析とはチャートを元に、現在の相場のトレンド傾向や強さ、値頃感・相場の変動幅つまりどういった場面で売られすぎて買われすぎるのか、上昇や下降時の転換点などを知ることができます。FXを行う上でテクニカル分析は必ず身につけておきたい手法と言って良いでしょう。

しかしテクニカル分析にもまた、デメリットはあるものです。実際にテクニカル分析を取り入れて取引しているトレーダーは多いですが、100%当たるというわけではないので、時には予想とは全く逆の動きをすることもあります。そうなった場合、証拠金やレバレッジにもよりますが大損をしてしまうこともあるので、決して鵜呑みにしてはいけません。また過去のデータを比較し、起こったことがない異常相場が起きた場合、チャートは全く参考にならずテクニカル分析も見当違いになります。

トレーダーによってテクニカル分析のやり方は異なりますが、100%的中するテクニカル分析は存在しないと言われています。その為、過去のデータを比較しパターンを意識しすぎて逆に判断しにくくしているのでは?という意見もあります。しかしテクニカル分析はデメリットだけじゃないからこそ、多くのトレーダーに選ばれているというのもまた事実です。